BLOG

<働くママのお悩み>毎日のご飯づくり

働くママにとって、毎日のご飯作りは働くママのお悩み事のランキング上位にはいるほど、
多くの働くママを悩ませています。

 

 

 

 

仕事が終わって、お迎えにいって、家に帰ったら、もう19時前・・・
それから、食事の支度をする時間もないし、仕事で疲れてへとへとで気力も残っていない。

週末に作り置きをするようにしているが、週末も家事や育児に大忙しで、ママに休みはない・・・。

忙しい時は作り置きもままならず、帰りに急いで立ち寄ったスーパーのお惣菜が並ぶ。
お惣菜は味付けも濃いし、栄養バランス的にもよくないし、あーこんなダメ母でごめん・・・

せっかく作った食事も、子供の好き嫌いで食べてくれなかったりで、
バタバタしながら作ったのにーもーがっかり&イライラ。

ほんとに働くママにおって家族の食事に対するお悩み事は尽きません。

私も仕事が終わってバスに乗る前に、横にある吉牛によって牛丼を買って帰ったり・・・・
その袋をもって保育園に行くことがなんだかダメ母をアピールしているようで、恥ずかしくて、
エコバックに隠しながら、お迎えにいったことを思い出します・・・(苦笑)

 

食事に関する悩みの原因と解決策は?

このような毎日の食事に対する悩みの場合の多くの原因は、
ご自身の持っている価値観やこうすべきという思い込みです。

持っている価値観やこうすべきということができないということから
家族に対しても罪悪感をもってしまうということが多くあります。

では、解決策は?

この家族の食事問題の背景にある自分の価値観・思い込み・設定を見て、
自分自身が何を大切にしたいのか?ということを明確にしてから、

いらない価値観や思い込みを手放していくことです。

 

 

 

 

 

例えば、私がもっていた思い込み・設定は

自分の母親が私にしてくれたように、
毎日母である自分が栄養バランスの取れた食事を作るべき

ということでした。

だから、週末の休み返上で、頑張って作り置きをしたり、
このような設定があるから、スーパーでお惣菜をかったらダメ母だなあ・・・と罪悪感を感じていたのです。

この思い込み・設定に気づいて、
あたらめて自分自身が家族の食事について大切にしたいことを考えてみた時に、

★栄養バランスのとれた手作りの食事を食べさせたい♡

ということでした。

こうやって、自分の思い込み・設定に気づいて、
自分はどうしたいのか?を見てみると、
そのために、どうするのがいいか?を考えてみると最善の一手が見えてきたりするものです。

お料理が好きなママは、食事作りを自分でしたい♡というママもいると思いますが、
私はあまりお料理は好きではないので、
栄養バランスの取れた食事を誰かに作ってもらう!
という最善の一手が思い浮かびました。

そこで、

誰か週1で作り置きをしてくれる方を探してみると、
なんと知り合いの方の紹介で、
民宿を切り盛りしていたお料理の大好きな方に来ていただけることに♡

自分自身が手放して見えきた最善の一手のために
行動を起こしてみると、びっくりするほどすぐに叶ったりするものです。

週末の作り置きを無理して頑張って作ることからも解放され、
スーパーのお惣菜を買って罪悪感を感じることからも解放され、
栄養バランスたっぷりの手作りの夕食を毎日食べれるように♡

ちょっとお金はかかるようになったけど、
精神的にほんとに余裕ができて、私も家族もHappyに。

 

まとめ

もしも、家族の毎日の食事作りの悩みを抱えていたら、
1)まずは、自分自身がもっている思い込み・設定を見てみましょう。

2)つぎに、自分の大切にしたいことをあたらめて考えてみる。

3)そして、その大切にしたいこと以外の必要のない思い込み、こうすべきという設定は手放してみる。

4)そして、大切にしたいことを達成するために、どうしたらいいかな?
一旦、いろんなお金や時間などの条件面は置いておいて、理想を描いてみる♡

そうすると、見えてくる最善の一手!

その最善の一手をぜひ一度トライしてみてくださいね。

関連記事

  1. my rule
  2. tips
  3. pazzule
  4. direction
  5. book
PAGE TOP