BLOG

幻の理想のママを手放して、 大切にしたいたった一つのこと

こんにちは。
最近ノートに向き合う時間をとっていて、
いろいろと気づいたことがあったので、
今日は久しぶりにこちらの記事を書いてます。

あたらめてあの辛かった育休時代や職場復帰してからの1-2年のきつかった時代を振り返ってみて
なぜあんなにもきつかったんだろーーーって・・・・
そしたら、あの時必死になって”いいママ”を目指してたなーって。

その時のいいママ像とは・・・

いつも笑顔
いつもタイムマネージメントもしっかりできて
掃除も完璧でいつも家がきれいで、
お料理もちゃちゃっと作って栄養満点で、
仕事も完璧で会社でも頼りにされていて、
ファッションもいつもおしゃれで、
こどもにもいつも余裕のある対応をしている・・・
そんな神のようなママ。

(こんなママいるわけなーーーーいっ。って今は思う)

でもこの神のようなママに近づくために、
もっと頑張れば近づける。
もっと私が我慢すれば近づける。
そんな幻想のママを追いかけていたわけです。

それは毎日きついですよねーーーーー笑

今では振り返ってそう思えるのですが、
あの当時はなんでもっとうまくできないんだろう・・・って
理想のママ像が神がかっていたので、それとのギャップに凹む日々でしたね・・・・涙

きっと、ひきつった笑顔で子供にも対応していて、
さぞかしひきつった笑顔は恐ろしかっただろう・・・・(ごめんねーー)

今思うのは、この理想のママは”幻”だった。

だから、もしそんな自分の中の理想のママを目指して
そのギャップに苦しんでいたり、
できないところに凹んでいたりするママがいたら、
そんな自分の中の理想のママは早いところ手放しちゃった方がいい。

 

そしてその代わりにひとつだけ大切にしたほうがいいこと。

ママが笑顔でいること。

ママがご機嫌でいること。

それだけできたら花丸だと今は思う。

掃除をがんばって不機嫌・・・
料理をがんばって不機嫌・・・
仕事をがんばって不機嫌・・・
ママが不機嫌でいるが一番こどもとしてはきついから

だから、

掃除ができてなくても
料理ができなくてお惣菜でも
仕事が思うようにはかどらなくても

自分がどうやったらご機嫌でいられるか?
それだけ考えてやってみよう。

 

私も今日は一日自分がご機嫌でいる実験中!
ご機嫌になること以外しなーーーーい
嫌なことはやらなーーい
一日を実験しています。
(夕飯は昨日のカレー、
お掃除はしてなーーい、
洗濯は雨を口実に乾燥まで回して終了。
ノートに向き合う時間をたっぷりとって、
お昼はなんとなーく食べたくなった非常食だったどんべいに手を出し、
お迎え後は息子と一緒にテレビをみて笑い、
これからゆっくりお風呂につかろうかと思ってます。)

平和な一日でご機嫌指数は95ぐらいかな。

今できる自分がご機嫌になれることはなんですか?

 

 

 

 

 

関連記事

  1. dishes
  2. kids w heart
  3. note5
  4. energy
PAGE TOP