BLOG

転校ドタバタ日記

こんにちは。神戸のゆかもんです。
転校ドタバタ日記も1ヶ月ぐらいで連載終わるかな・・・と思っていましたが、今だにドタバタしています。笑
意外に長編になっています。笑

この前は3日間の充電期間のような時間を経て、胸の内を聞けて、そして元気に登校し、自分の決めた目標を超えて誇らしげな顔を見れて嬉しかった〜という話をしました。

10月1日。 新学期になった時に9月末ぐらいまでに徐々に慣れていってくれたらいいなーと思ってスタートし、早1ヶ月のようなもう1ヶ月のような時間を過ごしました。

9月中旬ごろから、自分自身のためにも、子供のためにも、見通しを立てるという意味で、
『お母さんは10月からはお仕事も始めたいと思っているから、毎日すぐに迎えにいけないかもしれないよ』
ということを伝えていました。

子供のタイプによると思うけど、うちの子の場合は保育園の時から見通しが立ったほうが何事もスムーズに行くタイプ。そして、それに向けてスイッチが入るように急にできるようになったりするタイプ。(そのスイッチがなかなか入らずにやきもきすることも多々だったけど。)

なので、今週は3日間休んだ感じをみていると・・・・あ〜まだ時間が必要かなぁなんて感じていたところでした。
9月30日は3日ぶりに登校し、さて10月。

これまでは朝か帰りにはどちらかは必ず送っていったり、迎えにいったりしていましたが、一つの節目として、今日からは10月、送っていかずにいかせてみようと思い、

私『お母さんゴミ捨て行くから、ここまでね。』
息子『え、そうなの・・・・(不安そう。)』
私『もう今日から10月だからね〜お母さんもそろそろお仕事も始めたいと思ってるから、毎日送っていって、迎えに行くって難しいんだよね〜』
息子『(分かった様子・・・振り返りながらも一人で登校。)』
とマンションの出口まで見送りました。

昨日もお昼ご飯まで行けたから、今日もそのぐらいまでは行けたらいいな〜という期待。
昨日電話がかかってきた時間になり・・・・『あれ?まだ今日は電話ないな。』と思いながら、私もお昼ご飯を食べていましたが、10分過ぎ、20分過ぎ・・・・あれ?電話がなかった。 ということは・・・・・5時間目の最後までいけてるってこと?

そして、下校時刻になり電話が鳴らずに、その時間を迎えたのでした。

『え!今日は最後までいけた。』私にとっては嬉しいサプライズ〜♡

学校から帰ってきた息子の表情はいい表情。一人でいって、最後まで頑張って、一人で帰ってこれたことが自信になっている様子に見えました。来週に芋掘りがあること、それにはお弁当がいることやデザートを持っていっていいことなどをイキイキと話してくれました。今までだとこちらから学校の話を聞いてもあまり話すこともなさそうな様子だったけど、来週の芋掘りを楽しみにしている様子が伺えて、本当に嬉しかったです♡ ひとつでも何か学校で楽しそうなことを聞けて安心する気持ちがあったと思います♡

10月になって『一人で行って一人で帰る』というちょっぴり高い目標としていたところまで最後に急な大ジャンプで到達して、息子も私もとても嬉しい日となりました。

そして同時に私の中で『10月からはもう大丈夫♡』という勝手な期待に変化し、それが見事にまた崩れることはその時の私は知らないのでした・・・・

まだまだドタバタしていますが、
今日も息子は元気です♡

関連記事

  1. kids w heart
  2. note5
PAGE TOP