BLOG

魔法の言葉?「そうなんだねー」

こんにちは。熊本のユカです。
こちらは雨が続いており、みなさんからご心配のメッセージをいただいたりしていますが、
市内は今の所大丈夫です。温かいメッセージありがとうございます♡
(南の地方はひどい災害になっており、
本当にもうこれ以上雨が続かないことを祈るばかりです。)

今日はごきげんお母さん研究所のお茶会に参加しましたー。
今日のテーマは「スルー力」

皆さんのスルーできない時はどんな時ですか?
あの人の言葉・言動につい振り回されてしまう・・・
あの人に言われた言葉にモヤっとする・・・など。

考えてみると、自分のスルーできないパターンがありませんか?

私のスルーできないことは・・・・

子供の言葉や行動がスルーできず真に受けてイライラ!
子供の言葉や行動に振り回される!

例えば、
「朝、学校に行きたくなーい。」
頭がいたーい や お腹がいたーい、気持ちがわるーい・・・・などなど。

これを聞くとモヤモヤ・・・というよりは、イライラ。

初めは聞き流してたりしますが、
最後にはイライラが爆発⁉️

「学校は高い熱が出たりした時以外は行くの!怒」と一括。

不満気に準備をして渋々、登校する日々。

 

今日はそんな自分のパターンから抜け出す
”魔法の言葉?”

「そうなんだねーー」

相手が言った言葉をおうむ返しするというものです。

「疲れたー」といえば、
「疲れたねー OR そうなんだねー」

「お腹すいたー」
「お腹すいたんだねー OR そうなんだねー」

「〇〇やりたくないー OR 行きたくないー」
「〇〇やりたくなんだねー、行きたくないんだねー OR そうなんだねー」

言った言葉を第一声に否定するのではなく、
相手に思いを出させてあげる♡
相手に望ませてあげる♡

本で読んだり、聞いたりして
頭ではわかっているけど・・・
実際のところなかなかできない・・・・

なんでできないんだろう?

今日はやっとその答えがわかりましたよーーー

私の中で
おうむ返し=そうなんだね=同意する・許可する
って思っていたから・・・

そうなんだねー=同意する・許可する
がイコールになってしまっていたから・・・

だから、

「行きたくなーい」に「行かなくていい」
と同意するわけではないから、
「そうなんだねー」とはいえず、
どうにかこうにか説得しようと試みたり、
だんだんイライラがつのり、最後には爆発する!
という悪循環・・・。


でも、「そうなんだねー」は
「行かなくていいよー」ではなく、
「そうなんだねー。でも、行こうね」でOKってこと。
そうなんだねー と 同意・許可は別!

ここに気づけたことはめっちゃ大きな発見!!

そしてもう一つの発見は・・・
「言いたいだけ」
ということもある。

ただ、自分の気持ち・思いを吐き出したいだけ。
だから、吐き出させてあげるだけでOKだったりする。
そんなママ達の経験談を聞き、とっても気持ちが楽になったお茶会でした。

明日はスイミング!
きっとまた「スイミングめんどくさーい、行きたくなーい」
が待っていることでしょう・・・・

明日はこのスルー力で
『スイミングめんどくさいねー。行きたくないんだねー」
とオウム返しで言いたいだけをスルー。
説得しようとしなくていい・・・
ただただ言わせてあげる・・・・
思いを吐き出させてあげる♡
そんな実験をしたいと思っていまーす。

さて、どうなるかな・・・・

See you.

関連記事

  1. kids w heart
PAGE TOP