BLOG

転校ドタバタ日記Part8

こんにちは。
神戸のゆかもんです。転校から11日目。(ちょっと前の投稿し忘れてたーーー)

昨日は母からのメッセージに動揺し凹みましたーーーー。
自分の中で決まってない・・・迷ってる・・・・だから、周りの声に動揺して振り回されちゃってる感じ。
(いわゆる”エゴキンマンの声”に振り回されてたーーーー・・・・『甘やかしすぎ、やばいよ〜』『過保護、やばいよ〜』ってね。)

夜、寝顔を見ながら・・・・でてくる一番の言葉は。。。。
『ごめんね』だった。

こんなこと考えても仕方ないとわかっているのに、
あー転校してなかったら、熊本で毎日元気に楽しく過ごしてただろうなーーーーとか、

きっと未来から今を振り返った時には
『あの時大変だったけど、転校っていい経験になったよね』
って言ってるはずって思いながらも、今それを信じきれてない自分がいたりして、

勉強したくないわけじゃないのに、学校に『行けない』って。
泣きながら、行きたくないわけじゃないけど、『行けない』って、
泣きたいわけじゃないけど、『泣いちゃう』ってそんな姿を見てるとこっちも苦しくなっちゃって。

そして、それを毎朝、励ます私にも疲れが出て来たりして。

あーーーもう休んでもいいよねーーー
あーーーー私も疲れたーーーーー

って思って泣いた。
お母さんだって泣いてもいい。泣きたければ泣いてもいい。

(成長してくる過程で、『泣くことは恥ずかしい・・・』みたいな思いとか、強さに憧れた私は泣くことに『✖️』 をつけて来た気もする。泣くときは一人で夜に枕を濡らしてってことが多かったなあ・・・・。)

そして、昨日はこの涙以外にも泣いた。

それは昨日のブログ投稿にたくさんの応援メッセージをくれたり、個人的にメッセージをくれた友人もいて、そのメッセージに泣いた。みんなのメッセージがあったかくて、こんな素敵な友人がいてくれることに感謝が溢れて泣いた。本当にありがとう。

その中でもホッとした言葉は
『大丈夫♡』

 

今日も学校を休んでいる。
でも『大丈夫』

期待通りにはなっていないけど、
でも『大丈夫』

迷いながら、不安になりながら、そんな時は唱えたい
『大丈夫』『大丈夫』と。

涙した昨日・・・まあ、ぼちぼち行きますか。

関連記事

  1. risounomama
  2. dishes
PAGE TOP